牛たんの特徴

良質タンパク質豊富なヘルシー素材「牛たん」

良質タンパク質、鉄分、ビタミンB2を、低カロリーで
一人前の量で比べると、牛たんの網焼きは牛サーロインステーキの網焼きに比べカロリーは約1/3脂質は約1/4とヘルシー。コレステロールを含まない良質タンパク質が豊富で、鉄分、ビタミンB2も多く含まれています。
34%の限られたお肉だけ
ねぎしの牛たんとしてご提供できるのは、例えば1本1kgの牛たんのうち、皮や硬めの部分をとり除いたわずか340gだけ。そのお肉を1枚ずつ、ひと口サイズにスライスし、塩胡椒で味つけし、あっさりとした飽きのこない牛たんに仕上げています。硬めの部分はじっくり煮込んでテールスープの中へ。おいしさを無駄にしません。
旨味を逃さない、魔法の火力
1,000°Cにも達する火力で、表面はパリッと、中はジューシーに。1枚の肉のすみずみまで均一に熱を伝え、こんがりと焼き上げます。また、素材の内部に素早く浸透し、グルタミン酸などの旨味成分を閉じ込めてくれるのも遠赤外線効果のひとつ。火の水分とともに旨味が逃げることもありません。
手切りと手振り塩。そして、焼き。
分厚い皮をとり除きおいしい部分だけ、塩胡椒で味付けしています。焼き上げた牛たんの程よい食感を味わっていただくために、丁寧に塩胡椒を振るのも、旨みを引き出すためなのです。ブラッキー・豚・鶏は、独特なタレで味付けすることで、深い味わいを楽しめるのです。牛たんの表面はカリッと、中はジューシーに。こんな焼き上がりにできるのは「焼士の技」。日々、焼きの技術向上に努めて、遠赤外線の力を活かし、旨みをお肉にとじ込めるように焼いています。