現場の声

新宿エルタワー店 鈴木聡美

お店で実感した、ねぎしの経営理念。
もともと人と話すのが得意ではなかったのですが、学生時代に飲食店でアルバイトをして人と接するのも楽しいと感じるようになり、飲食業を中心に就活する中で出会ったのがねぎしです。「お客さまにおいしさを、お客さまにまごころを」という経営理念にとても共感し、実際にお店に食べに行ってみると、びっくりするような早さでおいしい食事が出て来て。スタッフもきびきびとしていて、自分がお客さまになってみても感じがよかった。ここなら自信を持って働けると思いました。
お客さまの声が「見える」アンケート。
とくに、すばらしいと思ったのは、店内に置かれたアンケートハガキです。召しあがったお料理や接客など、感じたことを書いていただくのですが、お客さまの声が自分たちに見えるカタチで毎日フィードバックされる。お褒めの言葉をいただければうれしいですが、「もっとこうしてほしい」というご要望もあります。スタッフにとっては、ちょっと厳しいひと言も、ねぎしでは「お宝レポート」と呼んで大切にし、すぐに改善につなげています。
入社前のイメージとギャップがなかった。
実際にねぎしで働くようになって、自分が想像していたイメージとのギャップが全然なかったです。ここは、私が思っていた通りの会社だ、思っていた通りの仕事だったと、そういう意味では、本当に働きやすいですね。今はまだ入社して1年たっていないので、できないことも多く、ほかのスタッフに手伝ってもらうこともありますが、少しずつできることを増やして、お店に貢献できるようになりたい。自分がスムーズにできるようになれば、お客さまに提供できるパフォーマンスも上がりますから。
成長を喜んでくれる仲間がいること。
日々の接客では、ご案内やオーダー、おかわりのタイミングなど、お客さまが求めていることを、お客さまより早く実行できるように、いつも気を配っています。先日は、社内の「接客ロールプレイングコンテスト」に出場させていただき、これまで身につけたことを出し切って決勝大会まで進出することができました。お店のみんなも「がんばって!」と応援してくれて。成長を喜んでもらえる仲間がまわりにいることにも、やりがいを感じています。